• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2016/08/10

「かわるビジネスリュック」レビュー。10日ほど使ってみたけどもう手放せないですこれ

かわるビジネスリュックレビュー普段から「リュッカー」ないし「リュックサッキスト」の私が待ちに待っていたリュックが、ひらくPCバッグや薄い財布で有名なSUPER CLASSICさんから発売されました。その名も、かわるビジネスリュック

ありがたくも1つモニターとして頂戴いたしましたので、10日ほど使ってみた感想をば。
先に言っておきますが、心から褒め称えます。

製作期間3年半はダテじゃない

こちらのかわるビジネスリュックは、ひらくPCバッグやとれるカメラバッグといったヒット商品を生み出しているみたいもん!のいしたにまさきさん、そしてネタフルのコグレマサトさんをスーパーコンシューマーに迎え、製作期間3年半を費やして作られたリュックサックなのです。3年半て…中学1年生が高校入学してちょっとグレ出すぐらいの年月が費やされてるわけで。

その紆余曲折のストーリーはこちらの製作秘話から読むことができますので気になる方はどうぞ。


で。
今回のかわるビジネスリュック、携わっているのがコグレさんってことで私の期待値はグンと高まりました。だってあの人会うたびにリュックだから(褒め言葉)。
自他共に認めるリュッカーのコグレさんが一枚噛んでいるということで完成度が低いわけがない。リュックの到着まで私の胸は高鳴り続けました。救心をしこたま飲んで待ちました。

レビュー

かわるビジネスリュックというわけで7月の終わりに届いたのがこちら。色はグレーです。

まず第一印象は「ちょっと普段づかいには大きいのかな」という感じ。詳細なサイズはこちらにありますが、縦50cm・横30cm・厚みは12cmということでそこそこの大きさ。ちょいとした旅行ぐらいだったらこれ一つで十分、というサイズです。

これだけ大きいとちょっと使うのためらっちゃうかな…などと考えつつ、持ち上げてみます。なにこれ。軽ぅ!
大きな見た目とは裏腹な、驚くほどの軽さ。ただの「大きくて(バッグ自体が)重い」リュックとは一味違います。この軽さは是非とももって確かめていただきたい。

背中側のチャックをひらくとこんな感じ。梱包用のビニール袋がちょうど入る大きさです。当たり前です。

仕切りなし容量は相当なものです。

しかし、この「かわる」ビジネスリュックの本領はここから。メインの収納部分の一番上を折りたたむと…

こうなります。そう、このバッグは収納部分の部屋数を変化することができるバッグなのです。名付けて「動く仕切りシステム」。ちょー画期的ぃー。

コアポケットこの状態でサイド側の「コアポケット」と呼ばれる部分(リュック時に一番上になるポケット)をひらくと、先ほど作った仕切りのおかげで小部屋が誕生するというわけです。

コアポケットへのアクセスこの部屋はリュックの肩紐を片方外した時にすぐアクセスできるよう配置されております(画像は公式サイトより)。これがもうほんと便利。私はよく使うペンケース、モレスキン、モバイルバッテリー、扇子・手ぬぐい(俺は落語家か)などを入れております。

手持ち用の持ち手サイド。

手持ち用の持ち手が付いているのが嬉しいです。リュックだと不釣り合いな場所ではこちらに持ち手を切り替えて使いましょう。
そう、かわるビジネスリュックは、収納部分の数と、持ち方を変えられるのです。

クパァするとポケットが一つ。タブレットを収納するのに良いスペース。

フリップリュックの外側はマグネットで留められるフリップが付いております。これを外すと…

PCを収納するためのポケットが!

このポケット一つとっても細かい工夫が見られます。
PCを収納するとマジックテープが自動でかかるように設計されており、落下防止に役立ちます。

クパァ。ちなみにフリップ部分にもポケットが付いております。そんなにマチはないので小物類を入れるのが良いでしょう。

背中側背中側。背中と接する部分は通気性が配慮されており蒸れにくくなっております。

さて、リュックのキモと言えばやはり「背負い心地」でしょう。派手なシャツで背負ってみました。

背負ってみて、感じないのは重さ。感じるのは軽さ。つまり軽い。なにこれ、すっごい楽。
今まで様々なリュックを背負い背負われ生きてきましたが、この背負いごこちは抜群です。荷物を今まで以上に詰めても、今まで以上に楽という不思議な感情。

横から。顔が死んでいるのは空腹に耐えているからです。あまり大きく見えないかもしれないですがそれは私の身長が183あるということを配慮してください。

バッグがあまりにシンプルなので缶バッジ等でのカスタマイズも良いでしょう。スプラトゥーン×タワーレコードのバッジをつけてみました。

ちなみにこちらの素材、撥水加工が施されており、多少の雨なら大丈夫とのこと!いやー、至れり尽くせり。

10日ほど使ってみて

商品が届いたのが7月31日。それから10日ほど使ってみたのですが、もはや私には欠かせないバッグとなりました。
よく使うものはコアポケットから即座にアクセス、PCも取り出しやすく、荷物をたくさん入れても重さを感じない肩への掛け心地。どれを取っても私がリュックに求めていたものです。

ただし、メインの収納部分は一度肩から完全に外さないと開かないため、普段書類をよく出し入れするような職種の方にはあまり適さないかもしれません(PCポケットを書類ポケットにするならアリかな)。

10月には沖縄旅行の予定が入っているのですが、このリュックひとつで事足りそうです:)


というわけで、SUPER CLASSICのかわるビジネスリュックのレビューでございました。
一度も言及しませんでしたが、19,950円という値段はすんごい安いと思います。この機能性でこの値段はリュッカーとしては考えられないんですよね…

発売より人気のため品薄となっていたようですが、現在は在庫が復活しているようですので気になる方はお早めに!

かわるビジネスリュック – SUPER CLASSIC

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×