• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2016/04/14

中はグジュグジュ…あふれる肉汁…ダンダダン酒場の肉汁焼餃子で肉汁祭してきた

外の皮を破ると中から汁が出てくる食べ物といえば小籠包が有名ですが、永福町にある居酒屋「ダンダダン酒場」の肉汁餃子はなかなかのものだとの話を聞きつけ、食べに行ってまいりました。


お店は駅より徒歩1分。訪れた際には少し待ちの列ができていました。外で15分ほど並んで入店。

営業中のぎょうの字が餃子の餃…こういう、言っちゃあなんだけどしょうもないやつ、好きです。

店内の様子。店員さんが皆活気があって良い!そして大きく書かれた「肉汁注意」の文字にワクワクが止まらない模様。

まぁまずはサラダから。こちらは「悪魔的に旨い香菜(パクチー)サラダ」480円。かかっているドレッシングが絶妙に旨い。そういやいつの間にかパクチー食べられるようになってるな…

馬刺し4種盛りでい!お値段は1,480円。右から赤身、トロ、ふたえご、たてがみ。どれも新鮮でうまく、この量なのにこのお値段はお値打ちだなぁ…

やや辛い肉味噌もやし380円。ややピリ辛でした。ビールに合うの合わないのって。

手羽餃子!480円。右に見えるは山椒塩。

こいつも肉汁が溢れてるぜ!

旨いぜ!

そしてついにお目見え肉汁焼餃子!6つで450円だ!なかなか大ぶりの餃子。なんにもつけずに食べてくれとのこと。

いただきまーす…

うおぁ…!見える?肉汁見える??

外はパリッと香ばしく、中はジューシー…否、中はもうグッジュグジュ。旨い、旨すぎる。もうとにかく肉汁がヤバイ。肉汁の海を泳いでいるかのような旨味の暴力。これよ、これを待ってたんだよ!

肉汁餃子に脳をやられながらその後もいろいろ楽しみました。メンマ、でかくて美味しぃ〜

塩辛ジャガバターも最高ぅ〜

そしてシメは水餃子にしてみました。こちらも絶品でしたよ!皮のツルッとしたのどごしと中の具材のバランスが素晴らしい!いやー、全部美味かった!

そんな訳で今回は永福町のダンダダン酒場さんをご紹介いたしました。ぜひとも餃子スキーの方には行ってほしいお店です。また来るぜ!

ダンダダン酒場 永福町店 – 永福町/餃子 [食べログ]

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×