• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2015/11/13

一眼・ミラーレスカメラ初心者におすすめする「誰でもできるテクニック」6つ

SONYのα7を購入したのが今年の6月。それ以来写真を撮る量が加速度的に増えました。

まだまだ自らも中級者の域を脱してはいないと思いますが、カメラのおかげか溢れる才能のおかげかたまに「おっ、これは上手く撮れたな」とニンマリする一枚を収めるなんてこともあったり無かったり。

そんな訳で今日はミラーレス・一眼カメラ初心者の方が、写真撮影の際にちょっと気をつけるべきことをつらつら記しておこうと思います。

さて、今回の記事は誰でもできるというのがポイントです。構図とかセンスとかF値とか、美女のモデルとはどうやったら付き合えるのかといった類の話は一切ありません。

構図とかレンズの使い方とか知りたい方は↑のような記事をご参考ください。まぁ、代表的な構図は知っておくに越したことはないですけどね。


撮影の際私が気をつけていること

1.とにかくいっぱい撮る

たくさん撮影するカメラ買いたての時って上手く撮ろうとか綺麗に撮ろうとかばっかり考えちゃって、ああでもないこうでもないとカメラをこねくり回している時間が多いような気がします。

「考えるな」とは言いませんが、それよりもシャッターをたくさん切って「この設定だとこんな写真になるのか」「この構図だとこういう風に見えるのか」とか、経験として覚えていくのが一番なんじゃないでしょうか。

なんでもそうなんですけど、数をこなした人に敵うものは無いと思っております。プロのカメラマンだって一発で全て決まっているわけではないでしょう。

2.写真を消さない

写真は消さない1の項目とリンクして、撮影した写真はピンボケだろうと構図が気にくわなかろうと、なるべく消さない方が良いと思います(画面真っ暗とか明らかに失敗した写真を除く)。

撮影を重ねるにつれ、はじめは失敗だらけだったアルバムが、少しずつミスショットが減ってきてクオリティの平均点が上がっていく。目に見えて上達がわかるようになるのでおすすめです。

3.面倒臭がらずに足を使う

以前写真を見せた友人から「全部似たような目線だよね」と指摘を受けたことがあってから、撮影の際は色々な角度・場所からシャッターを切るように心がけています。

これと思う被写体に出会ったらその場に棒立ちでパシャパシャやっていたのを、屈みこんで撮影してみたり回り込んでみたりポイントを変えてみたり…それっぽく言うと、足で撮るってことでしょうか。

今まで見えなかったものが見えてきたり被写体の違った一面が見えてきて面白いです。

4.水平をとることだけ気をつける

水平をとる構図云々は勉強して身につけないとなりませんが、水平を保つことは意識さえすれば誰にだってできます。
カメラの設定がばっちりでも最後の最後で傾いていたら悲しいじゃないですか。

特に、シンメトリーな建築物を正面から撮ったりする時は意識しているポイントです。

5.グリッドを使う

グリッドを使用撮影時にはファインダーにグリッド表示することをおすすめします(自由な構図で写真を撮りたい時にはかえって邪魔になることもありますが)。

日の丸構図、三分割法といった代表的な構図を撮影しやすくなりますし、水平も取りやすい。上級者とかプロの方ってグリッドはどうしてるんですかね…?ちょっと気になります。

6.シャッターを切る瞬間は息を止める

ポートレートだと、直前までモデルさんと喋って表情を和らげてあげたりとかあると思いますが、シャッターを切るその一瞬だけは息を止めております。コンマ数秒、すべての意識を写真に注ぐ。そんなイメージ。これを意識するだけで手ブレがぐっと減りました。

まぁこの項は、「ゆっくり息を吐きながら」の方がいい人もいるでしょうから自分の好みに合わせてください。


あとやっていることは、(撮影時の注意じゃないけど)たくさん写真を観るってことですかね。いいなと思った写真は構図を真似してみたり、どこが気に入ったのかを覚えておくことで自分の肥やしになるはず。

ちなみに私が最近良く見ているのがサグラのきままブログさん。素敵な風景写真がたくさんあります。

それと金沢の21世紀美術館で購入した篠山紀信の写真集もよく読んでます。ま、すごすぎて参考にならないですけど、写真撮りたい欲がフツフツと湧き上がってきます。
ヌード写真が撮りたいわけではないわけでもないわけでもないわけでもないです。


とまぁ私が撮影時に気をつけていることを挙げてみました。他にもこんなこと気をつけたらいいよ!なんてご意見がありましたら教えていただけると幸いです:)

とにかく今は写真撮影が楽しいので、これからものんびりと楽しいフォトライフがおくれればいいなぁと思っております。おわり。

こんな記事もオススメです
SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×