• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2015/03/12

IEで「レイアウト崩れが起きてます」と言われた時の対処メモ(Internet Explorerの「互換表示モード」を解除する)

IE互換表示モード
実務メモ。

業務でやっているとある企業のWebサイト(レスポンシブ対応、対象ブラウザ:IE9〜)構築で、こちら側のブラウザチェックでは問題ないのにクライアントから「こちらのPCで表示が崩れるんですが…」との連絡が。

対応していないCSS3プロパティの効果が見えないとかならまだしも、レイアウトがグチャグチャになっていると言われては冷や汗が止まりません。
しかも、制作側ではどのPCで見ても問題ない上、対応していないIE8ですら問題ないというのに…これは困った。

困り果て意味の分からないツイートをする私


「互換表示モード」が原因だった

でまぁほとほと困り果てていたところ、NxWorld@nxworld_net さんがTwitterで「互換表示モードが原因では?」とアドバイスをくれました。

何故かエアリプでした。リプライしようぜシャイボーイ!

早速調べてみたところ、IEに互換表示をさせないX-UA-Compatibleの指定 | loconocoという記事を発見。

headタグ内に

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">

の記述をしてみました。ナオッタ。ウレシカッタ。

だいたいなんで互換表示モードなんてものが未だに存在しているのかよくわかんないのですが、これでまた一つ勉強になりました。そしてまた一段とIEが嫌いになりました。

兎にも角にも、@nxworld_net さんありがとうございました!!

神サイト:NxWorld

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×