• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2014/09/04

MacBook Air/Proの容量を+128GBまで拡張できるアイテム「Nifty MiniDrive」が素晴らしかった

Nifty MiniDrive
発売以来ずっと気になっていた商品、Nifty MiniDriveを購入しました。

以下レビューでございます。

この商品はmicroSDカードを差し込んでMacBookに挿入することで容量を増やすと言う製品。SDスロットぴったりのサイズなので、普通のSDカードやUSBメモリと違ってPCの外側へ出っ張らない。あな嬉しや。

私のMBAは128GBモデルなので、同容量のmicroSDカードを使えば容量が倍になる計算。あな素晴らしや。

外箱
商品はAppBank Storeの渋谷パルコ店で購入。6000円ちょいでした。

裏面
裏面の説明書き。

開封
パッカー
中にはMiniDrive本体とカード取り出し用の器具、それに4GBのmicro SDカード、説明書が入ってます。(micro SDカードは本体に装着されてます)

本体
こちら本体。大きさはSDカードが一回り小さくなったサイズです。SDスロットに入れるので当たり前ですが。

使ってみた

micro SDカードを差し込む
さぁでは実際に使ってみましょう。まずはこのようにmicro SDカードを本体へ挿入。

MBAヘ
早速装着!

ピッタリ
ピタッ!!すごいジャストサイズ。

横から
横から見てもこの通り。全く出っ張らない。まるで純正品のよう。


デスクトップには無事挿入したmicro SDカードが表示されております。これでmicro SDカードのサイズ分、ストレージに余裕のないMBAの容量を増量することができるわけです。グッド!

Finder環境設定
ちなみにディスクのイメージをデスクトップに出したくない場合は「Finder 環境設定」の「CD、DVD、およびiPod」のチェックを外せばOKです。


そんなわけでMacBookのストレージを増量(したも同然に)してくれるアイテムNifty MiniDriveのご紹介でした。MacBook Pro版もでておりますので気になる方はどうぞ。
そうそう、レビューを見てるとまれに初期不良でmicro SDカードが読み込まれないなんていうモノもあるそうなので、そういった不良に対応しているショップで買うのがよいと思います。ちなみにAppBank Storeさんではレシートと外箱持っていけば対応してくれると言ってくださいました。

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×