• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2014/08/08

「Ingress」にハマっています

Ingress
Googleが開発したゲーム「Ingress(イングレス)」
先日iPhone版アプリがリリースされたことでiPhoneユーザから注目を浴び、私の周りでもなんだかとっても流行っております。一般的にどうなのかは知りませんが。

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ゲーム

Ingressとは

Ingressとは、Googleが開発した現実世界を舞台にした陣取りゲーム。

ゲーム開始時に青(レジスタンス)か緑(エンライテンド)のチームに所属し、AR(拡張現実)上にある「ポータル」と呼ばれる基地を線で結ぶことで陣地とし、その広さを争っていくゲームです。(ざっくり)

ほいでまぁ@kogure さんのこの記事を読んで「やってみよう!」と思ったのが7/16。
ものは試しに…とはじめてみたのです。

が。

最初はあんまりおもしろくなかった

ぶっちゃけ、最初はあんまり面白さがわかりませんでした。

低レベルのうちは敵ポータルの破壊もできないし、やれることがかなり限られてくるんですよね。また、都市部には中立ポータル(青、緑どちらのものでもないポータル)が殆ど無いため(私は東京23区在住)、Ingressの醍醐味である「ポータル同士をリンクさせて陣地(CF)を作る」という行為がなかなかできないんです。

まぁちょっと遠出すればできないこともないんですが、面白さがわかっていないゆえそこまでの労力をかける気にならなかったというのもあります。

しかたがないので敵ポータルへのハック(チェックイン)で得られる経験値や、リチャージ(ポータルへのエネルギー補給)で得られるこまい経験値をセコセコと貯めていたのですが…。

はじめてのCF

それでもなんとなく続けていたある日、渋谷駅近辺へ遠征したところはじめてCFを作ることに成功。
渋谷などの人がごった返している都市部ではポータルが密集しているうえにプレイヤーも多いので頻繁にポータルの色が入れ替わり、初心者でも上手くやればかなり多くのAP(経験値)を稼ぐことができるのです。

ゲームのDLから2週間がすぎ、ようやくこのゲームの醍醐味を味わうことが出来ました。

ちなみにこの時点でレベル4。どんだけコツコツAP稼いでたんだと小一時間。

あとは沼のようにハマった

後はもう沼。
渋谷徘徊を主戦とし、翌日が旅行だったのにもかかわらず深夜1時まで自転車を漕ぎながらAPを稼ぎ、レベル5になったのが8月の1日。

そしてつい先日、居酒屋での食事の後2時間ほど深夜徘徊してレベル6になりました。
ゲームやってて終電で帰ることになろうとは誰も思うまいて。

で、何が面白いのか

このIngress、人によって違うかもしれませんが何と言っても快感なのは「敵ポータルを破壊して自分のポータルにし、リンクをつなげて陣地とした瞬間」です。
雑な言い方をすれば、人間の征服欲を満たしてくれるゲームなんじゃないかな、と最近ぼんやり思っております。

実際に街中歩かなければいけないので健康にも良いし(スマホ見ながらの移動はダメよ)、現実世界と電脳世界をうまいこと繋いだ近未来感もハマってしまう原因なのかもしれません。

説明もしないで一気に書いてしまったので「どんなゲームか結局わからない」という方も多かろうと思いますので、そんな方は@kogure さんの書いた↓の記事読んでください。(丸投げ)

[N] 【Ingress】初心者向けまとめ:イングレスはぼくらの街を舞台にしたRPGだ!


とまぁそんなわけで今更ながらIngressにはまってるよ、と言うお話でした。繁華街でiPhoneをいじっていたかと思えば急に走り出し、立ち止まったところで画面を連打している人がいたらそれは私かもしれません。ほっといてください。

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ゲーム
SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×