• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2014/02/12

MacにMAMPを導入したのと、phpのincludeができなかったので修正した

140212_mamp_top
今っさらもいいところなのですが、Macのローカル環境でphpを走らせるためにMAMPを導入しました。ちょいと手順で分からなかったところがあり調べたので備忘録メモ。

MAMPとは

Macintosh, Apache, MySQL, PHPの頭文字を取って名付けられた「MAMP」は、その名の通りMacにApache、MySQL、php環境をまるっとインストールしてくれるアプリです。

導入方法、簡単な使い方

改めて解説にするほど難しくもないのですが一応。
140212_mamp_04
まずはMAMP: Mac, Apache, MySQL, PHPへアクセス、無料版は左側の「Download Now」をクリックします。なかなかの重さですのでちょっと時間がかかるかもしれません。
ダウンロードが完了したら、あとは解凍してパッケージをダブルクリック、「続ける」をクリックしていくだけ。死ぬほど簡単。

使い方は、MAMPアプリを起動して「サーバを起動」をクリックするだけ。「/Application/MAMP/htdocs/」の中にあるファイルを、http://localhost:8888/へブラウザでアクセスすることで見ることができるようになります。良かったね。

phpファイルをincludeができない

で、はまったのがこれ。

<?//
include("common/include/header.php");
?>

中〜大規模サイトを作っている際には↑こんな感じでヘッダーやフッターなどの共通部分をphpファイルとしてインクルードすることが多々あるわけなんですが、初期設定のMAMPではこれが動きません。
web帳さんに解決方法がありましたのでそれをやってみたら動きました。
参考:web帳 | MAMPの設定方法

140212_mamp_01
「/Application/MAMP/conf/apache」にある「httpd.conf」をテキストエディタで開きます。

    #AddType text/html .shtml
    #AddOutputFilter INCLUDES .shtml

464行目にある上記の文面のコメントアウトを削除。

    AddType text/html .shtml
    AddOutputFilter INCLUDES .shtml

このようにすればおk。無事、phpをincludeすることができました。めでたしめでたし。


これまでphpファイルの動作確認をするときはサーバに適当な仮フォルダを作成してアップロード、と言う恐ろしく非効率なことをしておりましたのでこれでまた一つ仕事が捗りそうです。どうでもいいけど「マンプ」って、響きがエロくないですか。

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×