• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2013/12/17

Sass初心者から上級者まで超オススメの本!「Web制作者のためのSassの教科書」がいいぜ!!

Sassの教科書
CSSのメタ言語である、Sass。コードをより効率的に記述することができ、メンテナンス性の向上などに大変役立つ技術です。
そのSassを基本から応用に至るまで非常に分かりやすく学ぶことができる本、「Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語」を著者であるCSS HappyLifeの平澤さん、Sou-Lablogの森田さんより頂戴いたしました。

Sass学びたきゃこれしかないぜ!!!Sass初心者から上級者までオススメの良著だぜ!!!


書籍概要

Webサイト制作に必須のCSSを、より便利に効率的に書けるようにパワーアップさせた「Sass」(サス)についての教科書的な解説書が登場!

  • Sassって聞いたことはあるけど、導入が面倒そうという方
  • Sassを始めてみたいと思っているが、今一歩踏み出せない方
  • 勉強コストとの天秤に掛けて、Sassのメリットがイマイチ見えてこない方
  • 周りでSassを使い出した人がいて、焦りを感じている方
  • CSSを今よりも効率的に書きたいと思っている方

これらの方がSassを導入するきっかけとなり、ひと通りSassの機能を使いこなせるようになるのが本書の目標です。
(中略)
本書では、Sassの機能だけでなく、Sassの概要から利用環境の整え方まで 丁寧に解説しています。また、より実践的な内容やCompassなどのフレームワークなど、Sassを使いこなすために必要な内容を網羅しています。

via: Amazon.co.jp: Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語: 平澤 隆, 森田 壮: 本

目次

第1章 Sassのキホン
第2章 Sassの利用環境を整えよう
第3章 これだけはマスターしたいSassの基本機能
第4章 高度な機能を覚えてSassを使いこなそう
第5章 現場で使える実践Sassコーディング
第6章 Sassをさらに便利にするCompass
第7章 もっとSassを使いこなして便利にしよう
第8章 Sass全機能リファレンス

via: 書籍紹介 | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

では早速書籍の内容を紹介していきましょう。

第1章 Sassのキホン

第一章
まずは導入、Sassの基本について。Sassを導入するメリットなどが、著者お二人の体験を交えて紹介されています。

第2章 Sassの利用環境を整えよう

第2章は、Sassの導入に際してまず最初の難関となる利用環境の構築編。

オールカラー
私のように黒い画面(ターミナル)が苦手な人でも大丈夫!何故なら解説が非常に丁寧で分かりやすいからだ!オールカラーで読みやすいぜ!!
また、解説はMac、Windows両方をフォローしてありますのでその点も安心:)

第3章 これだけはマスターしたいSassの基本機能

基本機能
環境が出来たらいよいよsassの基本機能を学んで参ります。第3章では

  • ルールのネスト
  • アンバサンド
  • プロパティのネスト
  • コメント
  • 変数
  • 演算
  • @import

を学習します。これらを学ぶだけでもSassの便利さが身にしみるはず。

サンプルコード
本書を学ぶ上で必要なコードは公式サポートサイトに記載されておりますので合わせて利用しましょう!

第4章 高度な機能を覚えてSassを使いこなそう

高度な機能
基礎を学んだら高度な機能を学ぶ。これが摂理です。第4章では

  • @extendについて
  • @mixinについて
  • 制御構文
  • 関数
  • 自作関数を定義する
  • @debugと@warn
  • Sassのデータタイプについて
  • インターポレーション
  • 変数にデフォルト値を割り当てる

について詳しく解説がされています。
3章まではhtmlとcssを理解していればそこそこついていけるかと思いますが、この章で学ぶことは「関数」や「引数」、「if・for構文」などちょっとしたプログランミングに関する内容にも入っていきます。
しかし、そういったことにアレルギーのある私でも読みやすくできているのです。嬉しいのです。

第5章 現場で使える実践Sassコーディング

第5章は実務編とでも言いましょうか、現場作業で役に立つTipsがまとまっております。著者の一人、平澤さんがSassの教科書で一番読んで欲しいところとしている章がこちら。

実務編
この章で紹介されているのは

  • 管理/運用・設計
  • ブラウザ対応
  • レイアウト・パーツ
  • スマホ・マルチデバイス

に関するTips。

「ここまでで覚えてきた機能を、どうやって実務に活かしていくのか…?」

と言う読者の素朴な疑問を解決するTipsが満載!
実際、私もこの章で紹介されている、fontのTipsやグラデーションのミックスインについてのTipsなどを仕事で使わせて頂いております!!

第6章 Sassをさらに便利にするCompass

第7章 もっとSassを使いこなして便利にしよう

6、7章
この6、7章はもう一人の著者、森田さんがSassの教科書で読んでほしいところと紹介している章。
6章ではSassを更に便利にしてくれるフレームワーク「Compass」の使用方法を、7章ではエディタや、コンパイラなどのサードパーティツールがメインコンテンツとなっております。
Compassはまだまだ使いこなせていない機能なので、これからしっかり読み込むぜよ…!


そんなわけでSassを学ぶなら絶対にオススメな「Web制作者のためのSassの教科書」のご紹介でした。私が今仕事中に最も読んでいる本で、会社に置きっ放しのため紹介が遅くなったことを深くおわびいたします。
平澤さんに。

こんな記事もオススメです

「Sublime Text」のみでCompassとSass(Scss)を使えるようセッティングしてみたのでその手順と参考にした記事まとめ

Web初心者だった私がWEBデザイナーになって1年半で勉強したこと・使用しているツールまとめ

Webデザイナーになりたい全ての人が読むべき本「プロになるためのWebデザイン入門講座」

SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×