• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2012/04/18

[Evernote][iPhone]FastEverの具体的な使い方 〜④感情の赴くまま「どうでもいいノート」を残す〜

HowToUse FastEver

無人島に一つ何か持って行くことができるとしたら…?
うん…FastEverかな…いやごめんやっぱナイフどうも@OZPA です。

Evernoteに超速でメモが作成できるアプリ、FastEverの具体的な使い方、その4でございます。
前回は「メモをしない」という使い方によってどんどんFastEverに触れてみよう!と訴えましたが、今回は「タイムスタンプのノートばっかりがたまってきたけど、そろそろどんなことを書けばよいのかを知りたい!」なんて方の、次のステップと言えるでしょうか。

価格: ¥85 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeで詳細を見る。




「出来事」よりも感情を残すことに重きを置く

さて、なんだか「ライフログ」と言うと

  • あのとき自分はどうしていたか
  • あの場所で何が起こったか
  • などを記録する事ばかりに目が行きがちです。

    もちろんそういった記録は残しておくことに越したことはありません。
    上手くこれを利用すれば、例えば仕事が始まる前と後にFastEverでログを取っておいて後から見返すことにより「あぁ、この仕事にはこれぐらいの時間がかかるのか、ではスケジュールをこうして組み立てよう」などと自身の生活に役立てることができます。
    このへんは「たった一度の人生を記録しなさい」に詳しいのでご参考までに。

    Evernote × ライフログ〜この人にしか書けない本だった。[書評]「たった一度の人生を記録しなさい」を読んだ | OZPAの表4

     

    最初っからうまくはいかない

    ただ、作業記録やそのときあった出来事ばかり残すというのは、慣れないうちは意外と面白くありません。

    「20××年○月○日○○時○○分 穴を掘り始める」

    「20××年○月○日○○時○○分 アレを埋める」

    「20××年○月○日○○時○○分 穴を埋め逃げる」
    と言った記録のみのノートというのは付けていても存外楽しくないものです。
    例文書いてて怖くなってきた。

     

    写真を後から見返して「面白いな」と感じるのはなぜでしょうか?
    それは、その時の感情がフラッシュバックするからに他なりません。

    その写真を撮った場所がどこだったのか?何のイベントだったのか?
    それらのことは、思い出そうとすればすぐに思い出せますが、写真というメディアはその時に抱いていた感情を呼び覚ます事の方がの役割として大きいと感じます。

     

    で。
    話は戻りますが、私はFastEverでよく愚にもつかない殴り書きのようなメモを残します。

     

    20120417210633

    例を挙げましょう。上は、先日社長と中華料理店に行った際に
    「ここの麻婆ラーメンは美味しかった。でも、あそこの麻婆ラーメンはいまいちなんだよ。
    一番美味しいのは○○にあるお店。またあの中華屋に行きたい」
    としゃべっていたことから付けたメモ。

    このメモが今後役に立つことは、私が8回くらい輪廻転生したところで無いでしょうが、それでもいいのです。
    思いついた何となく楽しそうなフレーズを書いておくのです。
    なんだそりゃ、と思った感情をそのままぶつけておくのです。

     

    20120417210257

    また、こちらは先日先輩にフレッシュネスバーガーのチャイをごちそうになったおりに付けたもの。
    「フレッシュネスのチャイ美味いな」
    「そう言えば昔禁煙に挑戦していた時に吸ってた電子たばこに似た味がするな」

    そんな、どーーーーーーーーーーーでもいい感情こそ残しておく。
    特に、味覚や触覚、聴覚といった写真などでは残しておきにくい感覚をこそメモっておく。
    そうすることでEvernoteにとりためるメモが「生きた」ものになっていくのを感じるはずです。

    なんて言うか、単なる作業記録と違って、こういうノートは後から見た時に意外と「楽しい」んですよね。

    Twitterで良いじゃん、と思われるかもしれませんが、名前や地名など固有名詞がきちんと入ったログを残しておくのにはTwitterは不向きな場合もありますので。

     

    今回のような使い方だったり、熱情の赴くままにチェックボックスを連打してみたりするのは、何かが起きた際に残しておくべきなのは、事実そのものよりもその時にどう思ったかと言うことだから。

    これに慣れてくると、だんだんとまたFastEverを使う事へのハードルが低くなり、よりいっそうFastEverで残すメモの頻度と精度が高くなっていくでしょう。

    前回も書きましたが、ログが効力を発揮するのはノートやメモがたくさん溜まってきてから。

    思いついたらFastEver、を実践して溜まりゆくログを、有意義な「自分の振り返り」に役立ててください。

    価格: ¥85 (記事公開時)
    カテゴリ: 仕事効率化
    App Storeで詳細を見る。


    価格: ¥1,200 (記事公開時)
    カテゴリ: 仕事効率化
    App Storeで詳細を見る。

    [Evernote][iPhone]FastEverの具体的な使い方 〜③メモをしない〜 | OZPAの表4

    [Evernote][iPhone]FastEverの具体的な使い方 〜②チェックボックスを破天荒に使う〜 | OZPAの表4


    SPONSORED LINK

    FB Comments

    About This Site

    Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
    ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
    ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
    広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
    さらに詳しく

    SNS

    ×