• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2011/04/07

[図解]Evernoteユーザに捧ぐ!現在使用中のiPhoneアプリ+Webサービス17選!!


新年度ですね。何かを始めたり、見直したりする格好の機会ですね。

と言うことで本日は、Evernoteに情報をインプットするために現在私が使用しているiPhoneアプリとWebサービスを挙げ連ねておこうと思います。
(アプリの値段は執筆時のものです。購入時はご確認ください。)

今年の一月にエントリーした記事では、iPhoneアプリのみに絞って現在のEvernote周りを晒しあげたのですが、今回は大変便利なWebサービスも一緒にご紹介したいと思います。
以前と変更していないところもありますが、それらについてもサラッと触れつつ進めていこうかと。


(クリックでPDFが別窓表示されます)

上が、2011年4月現在の私のEvernote連携事情。NANAの人物相関図よりは簡単だね!

情報収集

まずはWebクリップを放り込むために使用しているサービスとアプリから。

GoogleReader

基本的に、GoogleReaderによるRSS巡回が私の情報収集源になります。
巡回しているのはiPhone、Mac、Evernote、デザイン関係、ラーメンに関する情報を集めたブログetc。

閲覧アプリは「Reeder」です。落ち着いたUIと、多機能ながらもシンプルな使い勝手のRSSリーダー。
他をほとんど使ったことがないですが、他を試そうという気力も起こらないぐらい気に入ってます。

Reeder 2.3.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥350
更新: 2011/03/12

Reederから直接Evernoteに転送するのは、画像が少なく転送に時間のかからない軽い記事など。
メール画面を介さねばならない為、Evernote送信用のメールアドレスを呼び出したりする手間が面倒臭く、あんまり直接転送はしないです。

と、言う事でReederで流し見した「あとでじっくり読みたい記事」に関してはRead It Later(以下RIL)へ転送しています。

Read It Later Free 2.4.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料
更新: 2011/02/18

Read It Later Pro 2.4.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥115
更新: 2011/02/18

あとで読むサービスであれば別にInstapaperでもなんでもいいんですが、前回のエントリーで記していた「RILからEvernoteに記事を転送した際の文字化け現象」が2月半ばに行われたアップデートにより解消されました。
「RSSリーダー→Read It Later→Evernote」と言う流れが大変にスムーズになりましたので引き続きRILを使用することにしております。

PCからのWebクリップはKlip.meとPrintWhatYouLikeを使う

RILに送信したものはiPhoneアプリのRILだけではなく、PCでも閲覧します。
そして気に入った記事はWebクリッピングするわけですが、その際に使用しているのが「Klip.me」と「PrintWhatYouLike」と言うWebサービスです。

「Klip.me」は閲覧しているWebページの記事本文のみを抜き出し、メール送信してくれるサービス。
使い方は以下をご参照のこと。

参考:絶対使うべき! ノートブックやタグを指定して、最も簡単に必要な情報だけをEvernoteへ送る方法 – gadget or gimmick

まぁこのKlip.meがかなり便利なんですわ。事前に登録を済ませ、Webページの送信先をEvernote転送用Eメールアドレスにしておきます。

110407_01
そしてクリップしたいWebページを開き、Chromeエクステンションをクリック。(Chrome以外の方もブックマークレットがあるのでご安心)

110407_02
すると、Webページの広告などをカットした本文のみのページが作成されます!すげー便利!
あとはSendをクリックすれば、EvernoteへのWebクリップは完了。
超簡単。ほぼ2クリック。

110407_03
Web用のInboxを別途作っている人(ダブルインボックスシステム)などは、タイトル後に@+ノートブック名を記入することで転送先のノートブックを指定しましょう。ノートブック名は辞書登録なりTextExpanderを使用するなりご自由に。

110407_04
こちらがEvernoteに送信したページ。タイトルの先頭に[Klip]とついておりますがまぁ許容範囲でしょう。

参考:Klip.me – Enjoy Mobile Reading

たまにKlip.meが働いてくれないページもありますので、その際には神ブックマークレットを使います。

参考:Save paper & ink printing only what you want « PrintWhatYouLike.com

PrintWhatYouLikeは見ているサイトの任意の部分を手動で切り抜きできるブックマークレットです。
コレを使っても広告やヘッダーなどの余計な部分を取り除いてWebクリップすることができます。

参考:Evernoteを使うなら絶対に知っておくべき神ブックマークレットの使い方

Twitterでの情報は「hatebute」でクリップ

Twitterのタイムラインに流れてきた有益な情報は、「hatebute」というサービスを使い、URLを含んだツイートをすれば自動的にEvernoteに転送されるようにしてあります。

このhatebuteは、はてなブックマークをつけた記事を全文自動でEvernoteに送ってくれると言うサービス。なにそれ超便利。

参考:はてブをつけた記事を全文自動でEvernoteに保存できるサービス『hatebte』 | なまら春友流

hatebuteを使用する上で私が設定しているのはただ一つ。

110407_05
上の様にはてなブックマークの設定、Twitterのタブから「すべてのURLを含むツイートをブックマークに追加する」にチェックを入れるだけ。
これで、TLを閲覧中に気になった情報は、リツイートするだけで自動的にそのページのWebクリップがEvernoteに転送されます。

どうせEvernoteの容量なんて余るんですからWebクリップだってガッシガシ放り込んじゃいましょう。

ライフログ

さて。
「なぜOZPAはEvernoteをそんなにも使おうとしているの?」
と尋ねられたら、私はライフログを取り溜めるためと答えます。

全ての情報を一元管理するため、と言う答えも間違いではないですが(と言うかずっとそう答えていた)、5年・10年後に見返したときに面白いノートが一つでも多くあることがEvernoteを使う醍醐味なんじゃないかな、と最近考えております。

だのでライフログに関しては近頃とってもお熱。
なるべく簡単に多くのログをEvernoteに溜められるようにしております。


(クリックでPDFが別窓表示されます)

上は適当に作った「ライフログへの意識と質」というPDF。
要は一番右の状態になりたいんですよ。ミサワみたいになりたいんですよ。

インプットを考え直す

ログを残す上で、インプットについての考え方をもう一度見直すきっかけになったのが以下の記事。

参考:FastEverをとことん使いまくる Evernoteの使い方第10回 | goryugo, addicted to Evernote

以前ご紹介した、Evernote公式アプリのアップデート。これがなんというかとてつもなく素晴らしすぎて、私のiPhoneの使い方が根底から変わりそうな予感がしています。

その中でも気に入っているor超便利に使えそうなのがこんな機能。

・基本的表示がすっげー見やすくなった
・特定のノートブックやタグをすぐ見られる
・写真だけ見るビューちょーイケてる
・地図で表示するビューちょーイケてる
・保存された検索もわりと便利に使える
・これを考えると、1日の記録を一つのノートにまとめる事のメリットが特にない気がしてきたのです。

特に「地図」を絡める場合には、自分が記録した全てのメモの「場所」をきっちり残しておきたい。(リンクとかじゃなくて、Evernoteの「場所」データとして)

via: FastEverをとことん使いまくる Evernoteの使い方第10回 | goryugo, addicted to Evernote

一日のログはなるべくまとめた方が整理がしやすいはず、とばかりにFastEverで残したログは一日分まとめてマージしていたのですが、それをやめました。

ノートをマージしない理由

110407_06
@goryugo 氏もおっしゃっているとおり、iPhoneのEvernoteクライアントはかなり使い勝手が良くなりました。行動記録は一日分をまとめないほうが視認性が良い。

あとはやはりコレに尽きるんですけど、ノートのマージを前提でログを集めるとEvernoteの整理がめんどくさくなると言うこと。
なるべく面倒なことはしない、これがEvernoteでログを集める際の基本方針。めんどいことは続かないから。

だので色々な手段で溜めたログは、事情がない限りはタイトルもそのままで、日付タグをつけるくらいの加工であとはライフログノートブックへ格納しちゃいます。見たいときはだいたいの日付か検索で何とかなる。

110407_07
こちらがライフログ関係のノートブック。
「これはどこに格納したら良いんだ?」
という逡巡を避けるためにノートブックの数も厳選して少なくしております。

ライフログに使っているアプリとWebサービス

110407_08
上は今現在の私のiPhoneのホーム画面。Dockをご覧頂ければお分かりのとおり、ライフログに傾倒しております。
Dockにログ関係のアプリを置くことで無理矢理意識をそちらへ向けようという意図もあるのですが。

前置きが長くなりましたが、以下、ログに使用しているアプリとサービスをご紹介。

Twitter

Twitterは一日分のツイートをまとめてEvernoteに送信してくれるサービス、twtr2srcを使用しております。

クライアントはiPhoneではEchofonを、MacではChrome TweetDeckを使用中。

Echofon for Twitter 4.0.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新: 2011/03/15

Echofon Pro for Twitter 4.0.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: ¥600
更新: 2011/03/14

参考:twtr2src | Twitter to Evernote or Email everyday!

foursquareはMAILPIAで

位置情報を用いたSNS「foursquare」。現在私はチェックイン情報のRSSを「MAILPIA」を使用して一日分まとめてEvernoteに送信してます。

ログは一日分まとめないほうがいい、なんて先程は書きましたが、foursquareのログはノートに位置情報があるわけではありません。
そこで、一日分まとまっていた方が見やすいかなと思いこの方法を使ってます。

110407_09
こんなかんじで一日おきに送信されるログ。
ここ行ってあそこ行って・・・。あぁ・・・あとで見たらめっちゃ楽しそうやん・・・!

参考:foursquare 位置情報をevernoteへ ライフログのコトハジメ | GoTo Number

参考:メールピア MAILPIA Web RSS 更新通知サービス

音声

楽しい飲み会も、大事な会議も、音声で残しておくと後でイイことあるかもしれない。と言うことでなんかあったらHappyTalkレコーダーの録音ボタンをポチリと押すことにしております。

HappyTalkレコーダー: 最高のレコーダー! 4.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ビジネス 価格: ¥600
更新: 2010/11/12

写真は2パターン

Evernoteに残す写真。つい最近まで、頑なにFastEver Snapを使用しておりました。

FastEver Snap 1.4App
iPhone、iPod touch (4th generation)、iPad 2 Wi-Fi および iPad 2 Wi-Fi + 3G 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥115
更新: 2011/03/26

しかし、FastEver SnapはEvernoteとの連携はすばらしいのですが、残念ながら起動が若干遅かったり連写などにはむかない等の弱点があります。

やはり写真はカメラアプリで撮影するのが一番・・・でも写真とっていちいち送信するのめんどくさいし・・・

そんな悩みを解決してくれたのが、2011年 神アプリランキング第一位(現時点)のPictShareです。

PictShare – multiple photos uploader 1.4.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: ¥230
更新: 2011/04/06

Pictshareなら一括での編集・タグ付けもできる上、ノート作成日を写真の撮影時にしてくれるというすばらしい機能のために、FastEver Snapを使わなくてもEvernoteへの連携に困ることが無くなりました。

現在私は、カメラアプリでcamera+を、洒落た写真を撮りたいときにはHipstamaticを使用しております。

camera+はピントと露光の別調節ができる多機能カメラアプリ。同じ機能のあるものにはプロカメラやCamera Geniusがありますが、起動速度や使い勝手でcamera+に軍配が上がります。

Camera+​ 2.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 写真 価格: ¥115
更新: 2011/03/29

その辺の詳しい説明は@digipen 氏のブログに詳しいのでどうぞ。
っていうかこの記事のシリーズ読んでcamera+とプロカメラ買ってもうた。

参考:本格カメラアプリを比較してみた【機能編】 – Digital-Penguin workbench

参考:本格カメラアプリを比較してみた【撮影編1】 – Digital-Penguin workbench

参考:本格カメラアプリを比較してみた【撮影編2】 – Digital-Penguin workbench

Hipstamaticは何度かこのブログでも取り上げておりますトイカメラアプリ。
使っていて楽しいカメラアプリ、と言う観点で言えばこのアプリの右に出るものはないでしょうたぶん。

Hipstamatic 201App
iPhone、iPod touch (4th generation)、iPad 2 Wi-Fi および iPad 2 Wi-Fi + 3G 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 写真 価格: ¥230
更新: 2011/02/18

110407_10
撮った写真もPictShareの「撮影日=作成日」機能のお陰で、作成日ソートすればアルバムのようになるわけです。

どちらかと言うとメモ用途専用になったFastEver Snap

ではFastEver Snapを使用していないかというとそんなことはありません。未だDockにいる一軍アプリ。
感覚的には、別にキレイにとらなくてもイイとか、一枚しかとらないようなメモ用途の写真を撮影するときはこのアプリを使うようになりました。レシートなんかを撮るときはFE Snap。
というか

参考:領収書の写真を撮りまくる 私のEvernoteの使い方 第11回 | goryugo, addicted to Evernote

これ一枚で、何を食べたのか、それがいくらだったのか、お店の電話番号、住所、会計をした時間。そんなのが全部わかってしまうというこの素晴らしさ!
しかも、Evernoteに入れておきさえすれば(多分)これらの情報が全て検索で引っかかってくる!
これだけ大量の情報を、たった一枚の写真で簡単に記録できてしまうって結構凄いこと。
一度じっくり機会があったらレシートを眺めてみてください。レシートってなんかこれすげーなって驚きます。現代技術すごい!

via: 領収書の写真を撮りまくる 私のEvernoteの使い方 第11回 | goryugo, addicted to Evernote

上の記事を読んで、最近はレシート撮影にもはまっております。
レシートの情報量すごい。ごいすー。

FastEver Snap 1.4App
iPhone、iPod touch (4th generation)、iPad 2 Wi-Fi および iPad 2 Wi-Fi + 3G 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥115
更新: 2011/03/26

あとはだいたいFastEver

Twitterに残すまでもない(または残せない)作業記録、メモ、タスクなどの全ては、2010年度神アプリランキング第一位(OZPA調べ)のFastEverを使用中です。
使い方は以前書いた記事からあんまり変わっていません。最後のマージをしなくなったと言う点くらい。

参考:Evernoteユーザー必須アプリ FastEverの使用例

FastEver 1.6.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥115
更新: 2011/03/07

FastEverの良さは、その挙動の軽さと1ノート1メモという潔さ。
また、革命的なアップデートをしてくださったりと、開発者の@frnk さんの天使っぷりがありがたい限りなんです。
前述のPictShareの@itok_twit さんもそうなのですが、こういった素晴らしいアプリ開発者の皆様のおかげで私はイカされております間違えた生かされております。

まとめ

と言うわけで、現在の私のEvernote連携アプリ&Webサービス紹介でございました。

今年の1月から比べると、多くのアプリが入れ替わったりしているわけですが、これもひとえにアプリを開発してくださる皆様の
「より良いものを使って欲しい」
と言う気持ちの賜物であるわけです。

その思いに感謝しつつ、これからも楽しいEvernoteライフを送るべく試行錯誤していきたいと思います。

そして、この記事がEvernoteをこれから始めようとしている方や行き詰まっている方の参考になればこれ幸いです。

れっつえんじょいえばーのーと。


SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×