• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2011/01/17

[図解]Evernote使うなら知ってて損はない!現在使用中のアプリ11選!!


キリンさんが好きです。でも、ゾウさんのほうがもーっと好きです。

今回は、私がEvernoteと連携させて使用している11のアプリをざっと紹介したいと思います。
中にはEvernoteと直接連携していないアプリもありますが、私のEvernoteと切っても切れない、そんなアプリだとお考えください。ただれた関係。

参考:Evernoteを考える 第2回 ~Evernoteを中心に置いてみる~

上の参考リンクは3ヶ月前に書いたEvernote連携アプリ紹介記事。
刻一刻とEvernote周りの環境は移り変わっていくな・・・と世の中の無常を感じながら見比べていただけると幸いです。驕れるアプリひさしからず。なに言ってんだろう。
(アプリの値段は執筆時のものです。購入時はご確認ください。)


(クリックでPDFが拡大します)

上の図が2011年1月現在の、Evernote連携アプリとその用途。自分の扱う情報のほぼ全てをEvernoteに集めることにしております。

情報をひとところに集めることで必要な情報がでてきたらとりあえずEvernoteを見ればなんとかなるという環境を整えるようにしてます。
これは精神的に大変楽。様々な場所に情報が散逸しているとそれだけでストレスになってしまいます。
パソコンがあればどこでもEvernoteにはアクセスできるし、PCが無くてもiPhoneがあればなんとかなるわけで。その考えは3ヶ月前となんら変わっていないわけで。

情報収集

Google Reader

iPhoneやMac関係、ラーメンなどの情報収集に関しては主にGoogle Readerを活用してます。
RSS閲覧アプリはUI、操作感ともに優れた憎いヤツ、「Reeder」です。

Reeder 2.2.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥350
更新: 2010/12/21

Reederで閲覧して、こりゃ為になるな!と思ったものは直接メール転送でEvernoteへ送るか、じっくりと読み返すために「Read It Later(以下RIL)」へ送ります。

Read It Later Pro 2.3.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥350
更新: 2010/12/18

あとで読む系のツールに関しては「Instapaper」か、このRILを使用するかの二択になってくるかと思います。どちらでもよかったのですが、何となくRILを選択しました。二つのサービスの違いに関しては以下のリンクなどを参照のこと。

参考:InstapaperとRead It Laterを比較してみた – 大須は萌えているか?

現在、iPhone版のRILから直接Evernoteに記事を転送すると、文字化けを起こしてしまうためにiPhoneアプリは閲覧用としての使用にとどめています。
記事をEvernoteにクリップしたい場合はパソコンから。この辺はアプデが待ち遠しい。

Twitter

情報収集ツールはRSSだけではありません。Twitterも大事な情報源。ぼーっとTLを眺めつつ、流れてきた気になる情報はメールを使用してEvernoteに転送します。

メール転送の際は下記のTIPSをご利用のこと。

知ると知らぬじゃ大違いなEvernoteのTips 〜インプット・アウトプット編〜
各アカウントにはEvernote専用Eメールアドレスがあります。
(Evernote for Windows/Macの[アカウント情報]、ブラウザの[設定]、iPhone/iPadの[同期]メニューをご参照のこと)
このアドレスにメールを送ると、件名がタイトル、文面が本文の新規ノートが作成されます。

メールで新規ノート作成!のTips。


メール転送めんどくさい!というあなたには「TweetMe」をおすすめいたします。TweetMeは、つぶやきをEvernoteに直接送ることができます。
でもお高いんでしょう?いいえ、無料です。

tweetme

この機能だけでもTweetMeは使う価値あり。無料だし。

TweetMe 0.9.15App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新: 2010/12/15

ライフログ

ライフログとEvernoteは親和性が高い組み合わせです。利用しない手は無い。
思い出の欠片達は全て、象の背中に預けてしまいましょう。あらやだカックイイ。

Twitterはtwtr2srcへ

さて、まずはTwitterのログをEvernoteへ。使用するのは毎度おなじみtwtr2srcです。

Twitterクライアントは別に何でも構いません。長らくOsfooraを使用していたのですが、どうも動作が不安定な状況が続いたので二軍に降格してしまいました。現在は先述の「TweetMe」をサブに、メインでは「TweetList」を使用しています。

TweetList for Twitter 2.0.0App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: ¥350
更新: 2010/12/19

foursquare

Twitterに流すのはつぶやきだけではありません。「foursquare」を使用してのチェックイン情報も流しちゃいましょう。あの日あの時自分の居た場所の記録が永遠に残ります。

foursquare 2.2.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新: 2011/01/05

写真

あなたは写真も撮るでしょう。普通の写真は「FastEver Snap」で撮影すれば自動的にEvernoteへ転送されます。
「写真を撮る」→「メールで転送する」という2ステップを踏まなければ写真をEvernoteに納める事はできなかったのを、「写真を撮ったら自動転送」というワンステップにしてくれたこのアプリはまさに革命児。

先日記事を書いた「FastEver」もそうですが、このFastEver SnapもEvernoteユーザには必須のアプリだと考えています。

参考:FastEver Snapのアップデートでカメラが不要になった件

FastEver Snap 1.3App
iPhone および iPod touch (4th generation) 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/01/06

オシャレな写真

ふと芸術家気取りになったときは、「Hipstamatic」を起動する事にしています。

Hipstamatic 190App
iPhone および iPod touch (4th generation) 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 写真 価格: ¥230
更新: 2011/01/14

参考:【企画】iPhoneのお薦めアプリひとつ教えてください にのらせていただく 〜InstagramするならHipstamaticいかがでしょう〜

多数のフィルタを用意した、UIも秀逸なトイカメラアプリ「Hipstamatic」。良い写真が撮れたら、「Instagram」に投稿します。
InstagramはiPhone専用の写真でつながるSNS。RSSを吐き出してくれるのでblogtrottrなどを利用して一日分のオシャレ写真は自動転送しちゃいましょう。下記Tipsが超便利ですので参考にしましょう。

参考:Instagramを遊び尽くす各種webサービス紹介 – Instagramの写真も自動でEvernoteへ | GoTo Number

音声ファイル

Evernote有料アカウントなら、あらゆる種類のファイルも取り込むことができます。そう、音声ファイルでさえも。

そんなわけで最近、日常の会話などもEvernoteに取り込もうという意志のもと、「HappyTalk Recorder」を使用しています。独特なUIの録音アプリ。信じられないぐらい高音質です。レコーダーをお探しならオススメ。

HappyTalkレコーダー: 最高のレコーダー! 4.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ビジネス 価格: ¥600
更新: 2010/11/12

いくらFastEverでライフログを逐一残しているとはいえ、音声の情報量には敵いません。容量の関係で24時間365日録音することはできませんが、飲み会の席とかドライブ中とかそういう楽しい瞬間にポチッと起動してあとで振り返る。そして(・∀・)ニヤニヤする。

参考:音声ファイルもひたすらEvernoteに入れたい | goryugo, addicted to Evernote

メモ

メモ用途に使うアプリは「FastEver」「FastEver Snap」の2つのみ。

FastEver

FastEverについては、メモ、ライフログ、タスク管理と全てにおいてフル活用しています。FastEverがなければ私のEvernoteライフは始まりません。
これについては先日詳しく記した記事をエントリーしましたので割愛させて頂きます。

Evernoteユーザー必須アプリ FastEverの使用例
私が間違いなく一番起動しているiPhoneアプリ。それがFastEverです。
iPhoneユーザでエバーノーターなら、このアプリを使わない手はありません。
EvernoteユーザなのにFastEver使用していないのは、グローブとボールがあるのにバットがないようなもの…そして、つけ麺売ってるのに「スープ割りはありません」みたいなことです。たぶん違う。

FastEverの使用例を書いた記事。もし読まれていなければご一読ください。


FastEver 1.6.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/01/04

FastEver Snap

さて、FastEver Snapでのメモですが、現在は

①手元に置いておきたい書類のスキャン
②自分のMOLESKINE(手帳)で必要になりそうなページをスナップ

という二つの用途で使用しております。どうしてもPDFにしたい書類があった場合は「DocScanner」を使用するか複合機のスキャン機能を使いますが、まぁそんなに機会はないですね。ScanSnapほしい。

さて、ちょっと話は横道に逸れますが、たまに「モレスキンノートを毎日持ち歩いてるし、鞄の中にポートフォリオ(書類整理用バインダー)も持ち歩いているのに、なんでノートや書類をいちいち撮影してEvernoteに転送するの?」と質問を受けます。なんでもEvernoteに突っ込むことは果たして意味があるのか?という事なのでしょう。

モレスキンノートの写真を撮ってEvernoteに連携しておく意味は「いつでも情報を取り出せるようにしておく」事を徹底しているから。

fesnap

モレスキンラージノートと、ポートフォリオを持ち出すというのはそれだけで結構な重装備となります(なるべくいつも携えてはいますが)。ですが、iPhoneを持たずにどこかに出かけるというようなことはまず有り得ない。であれば、近々使用しそうな書類・ノートはEvernoteにいれておけばいざ必要になったときに何らかの形でアウトプットできるわけです。

そんな風にアウトプットしなければいけないような状況は、そんなに頻繁に起こるんですか?いや、無いよ、全然ない。
事実、Evernoteに議事録をSyncさせたことで欲しかった情報が取り出せて助かった!というケースは月に一度あればいいところ。

でもね。どうせEvernoteの容量って余るんです。有料アカウントは1ヶ月で1GBのアップロードが可能になったわけですが、これを全て使い切っている人など稀でしょう。というか以前の500MBですら持て余していたというのに。

私の身の回りでも「Evernoteのアップロード容量使い切れないよ」という友人が沢山見受けられますが、それがもったいないのならとりあえず何でもかんでも入れてみたら?と提案しています。
容量を使いきっても使いきらなくても値段が変わらないのならなんでも突っ込んでしまったほうがいいじゃないですか。いつ来るか分かりもしないアウトプットの機会に備えて。もちろん、ある程度の整理が必要になる可能性はありますけど。

この書類のスキャン、めんどくさいと感じるかもしれませんが、いざやってみるとそんなことないです。
だって写真撮るだけなんだもの。FastEver Snapならね。

タスク管理・GTD

タスク管理に関してはFastEverで挙げ連ねたタスクをEvernoteのMacクライアントで管理、「Egretlist」と同期させる形をとっております。

Egretlist 1.6.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥350
更新: 2010/08/30

タスク管理については今度じっくりまとめてエントリーしたいと思っております。

というわけでいかがでしたでしょうか、Evernote連携アプリ11選。
どう考えてもHipstamaticは連携アプリじゃないけど好きなアプリだから許してほしい。

こんな記事書いておいてなんですが、問題なのはどのアプリを使うかではなくてどう使うか。
こんな風に使うと便利じゃないかな?とかこう使ってみたらより効率が良いんじゃないかな?などと試行錯誤する事は結構楽しいです。

自分はマメじゃないから、と最初からEvernoteを突き放すんじゃなくて、何でも試してみる精神でとりあえずやってみる。ダメだったら方法を変えてみる。アプリの使い方を工夫してみる。
こうすることでまた一歩Evernoteへの関わり方も深まってくるのではないかなと思います。

他にもこんなアプリいいよ!とかオススメがありましたら是非教えてくださいませ!!

れっつえんじょいえばーのーと。


SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×