• Home
  • twitter
  • Facebook Page
  • google+
  • RSS
  • follow us in feedlyfeedly
  • Contact Form
OPEN
2011/01/07

Evernoteユーザー必須アプリ FastEverの使用例


私が間違いなく一番起動しているiPhoneアプリ。それがFastEverです。
iPhoneユーザでエバーノーターなら、このアプリを使わない手はありません。

EvernoteユーザなのにFastEver使用していないのは、グローブとボールがあるのにバットがないようなもの…そして、つけ麺売ってるのに「スープ割りはありません」みたいなことです。たぶん違う。

FastEver 1.6.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/01/17

さて。
現在、iPhoneのEvernote入力支援アプリは多彩なラインナップが揃っております。

Tap2Ever – Evernoteのノート作成をさらに手軽に 1.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2010/12/22

TinyEver [Evernote入力支援] 01.03App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2010/12/21

などなど。
他にもNote & ShareですとかATOK Padなんかも入力支援アプリの枠組みと捉える事もできるでしょう。
特に、Tap2Everに関してはその高い完成度から多くのエバーノーターに使用されているようで、ググるといろんな記事が出てきます。(後述)

しかし、私はFastEver以外のアプリを現在使用しておりません。Tap2Everは操作感もよく、大変に素晴らしいアプリなのですが・・・なぜFastEverのみの使用なのか?

それはただ単に使用するアプリを増やしたくないから。
毎日使うEvernote周りのことはなるべくシンプルに処理したい。シンプルイズベスト。

FastEverの優れた点として

●軽快な動作、バックグラウンド送信

●タイムスタンプ、チェックボックス、ATOK Pad連携、TextExpander対応といった多機能ぶり

●ジオタグ(位置情報)が残せる

などが挙げられるかと思います。特に軽快な動作とジオタグがポイントですかね、個人的に。

毎日使うものだけにサクサク感は大切です。小さなストレスも、毎日つもれば山となる。

そして、各ノートにジオタグを残すことには異様な執念を持っています。
「あぁ、そう言えばあの時はこの場所でこんなことがあったのだな・・・」などと、あとから見てニヤニヤしたいのです。だからFastEver。まぁこの条件だけでしたら他にも選択肢はあるやもしれませんが…

FastEverをどのように使っているのか

さて、私がFasteverでEvernoteに残しているのは「タスク」「メモ」「ライフログ」の3点。
アプリ内での処理を工夫することによって、FastEverのみの使用で済むようにしております。

タグ・ノートブックについて

FastEverではノート作成時にタグ・ノートブックの指定ができます。

私がノートに付けているタグは「z日付」タグのみ。
z日付タグとは、「z1101」(2011年1月の場合)のように4桁で年月を表したタグです。zを頭に付けたのはサジェスト機能を働かせるためと視認性をあげるため。

以前はノートごとに「todo」タグや「memo」タグなどを付けて送信していましたが、早さが命のFastEverの利点を殺してしまうと言う事と、めんどくさいんでやめました。メンドイノキライ。

この方法であれば、タグ見ればいつ頃の出来事(またはタスク、メモ)なのかが分かりますし、月の頭にタグを付け替えれば良いだけなので楽ちんです。

そして、作成したノートはすべてFastEver専用のINBOXへ。
「FastEver_Inbox」の紹介をしている文章は、先月@goryugoブログに寄稿させていただいた以下の記事をご参照くださいませ。

参考:参考になりすぎるEvernote活用例4 –@OZPAのノートブック晒し– | goryugo, addicted to Evernote

作成されたノートは下のような形でノートブックに収まります。(以下、画像クリックで拡大します)

では、それぞれのノートをどのように作成しているかをご紹介しましょう。

タスク編

タスク管理はEvernote連携アプリの「Egretlist」で行っています。
Egretlistは、Evernote上にあるチェックボックスを含んだノートを同期するアプリです。UIは数あるiPhoneアプリの中でも最高峰。ちょーかっこいー。

Egretlist 1.6.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥350
更新: 2010/08/30

ではタスク管理の具体例をば。

やらなきゃいけないこと、やりたい項目が出現した場合は、FastEverにて空のチェックボックスを先頭につけたノートを作成、送信します。

上記がタスクの一例。そうです、ただの例です。夢、またはドリームとも読みます。

でまぁこのように「先頭に空のチェックボックスをつけて送ったノートはタスク」というルールを作っておきます。

私はEvernoteクライアントの並び順を「題名でソート」にしてあるので、Fastever INBOXに入るタスクの全てはひとかたまりとなって表示されることとなります。

ひとまとめになっているタスクを、毎日行っているEvernoteの整理の際にクライアントにてGTD用に用意してある各ノートブックに適宜移動します。

あとはタスクをコンテキストに沿ってこなしていくだけ。Egretlistとの同期はお忘れなく。タスクをこなすときはだいたい2分ルールを守りましょう。

2分ルールについての参考:シゴタノ! — 「ToDoリストを作る」というToDoの悲哀

メモ編

Evernoteに取るメモは多岐に渡ります。
ブログのネタになりそうなアイデアを綴ることもあれば、急に住所や電話番号をメモしなければいけない場面もあるでしょうし、彼女に「買ってきて」と頼まれたシャンプーの銘柄をメモする事もあるでしょう。嗚呼たのまれたい。

そのようなメモを取らなければいけない事例が発生した場合は頭にチェックのついたボックスをつけてメモを書き出します。

すると今度はチェック済みのボックスのついたノートがINBOXに並びます。これらはメモ。メモなのです。

あとはEvernote整理の際にメモを資料としてネタ帳ノートブックに収めたり、すぐに見返したいメモは「001_すぐに見たい」ノートブックに格納します。

ライフログ編

FastEverでログを残す以前は、twtr2srcを使用してEvernoteに送信された一日分のツイートの上に、数行の日記を付けていました。

ログの残し方としては綺麗なのですが、だんだん日記を付けるという行為が非常にめんどくさくなってきました。

Twitterにはつぶやけないような思い出は自分の脳味噌を掘り起こして日記を書かなければいけないですし、一日の終わりに日記を書き損なうと次の日の昼間に昨日の分を書いたりして・・・もうね。

覚えたり思い出したりという行為を極力減らすためEvernoteというツールを使用しているのに、これでは本末転倒。だいたい人間の脳みそなんてあいまいなものですから正確な日記なんて次の日に書けやしない。

で。

Evernoteと言えばこの方々、と言っても過言ではない@rashita2さん、@goryugoさんは、この課題をTap2Everを使用することによって解決しています。(まぁ別に日記目的じゃないんでしょうけど)
ログや作業記録をまとめてTap2Everで取り、一日の終わりに送信するというやり方。すごく参考になります。

参考:R-style » Tap2Everを「作業記録」に使ってみる

Tap2Everほか Evernote連携アプリがたくさんアップデート | goryugo, addicted to Evernote

が。
これだとジオタグ残らないんですよ。

ログを取る際に場所も記載すればTap2EverでもOKなのですが、めんどくさいし、FastEverなら自動でとってくれる位置情報をわざわざ打ち込むなんてナンセンス。

と、言う事で私はライフログ、作業記録などもFastEverでまかなうことにしました。

ログや作業記録をつぶやく際は、先頭にタイムスタンプを押します。

ログは些細なことでも何でもつぶやいちゃいましょう。Twitterではつぶやけないようなことも残せるのが味噌ですよ。美味しいよ。
いくら送信しても、前項の「タスクを送信する際は空のチェックボックスを先頭に」「メモを送信する際はチェック済みのボックスを先頭に」というルールさえ守っていれば、ログはタイムスタンプを押している関係で時系列で並んでくれます。

整理の際は一日分のログをまとめてマージしちゃいます。これで日記の出来上がり。ノートをマージすると見栄えがあまりよろしくないのですが、そこは・・・悔しいけど目をつぶってます。
マージしないでライフログノートブックにぶち込むのも一つの手でしょう。「題名でソート」により時系列並びになりますから。

ここから「参考にならない」使用例

さて。
上のスクリーンショットをご覧になって「あれ?」と思われた方もいるでしょう。
そんなあなたはFastEverハードユーザー。

実は、FastEverのタイムスタンプは「2011/01/05 03:01:05」のような形式。

無論これを使えばワンタッチでタイムスタンプが押せるのでなんの問題もない・・・はずなのですが、実は私、仕事でも「110105」というようなタイムスタンプを使用しており、Evernoteを使い始めて以来ずーーーーーっとこの形式の年月日表記を貫いてきたんですね。
今さらそれを変えるの悔しいんですよ。変なところで頑固なんです。変なところが固いんです。

だもんで、ログをFastEverで取ろうと思った時に最も頭を痛めたのがこのタイムスタンプ。
だって今更「2011/01/05」形式にしちゃったら、「題名でソート」で時系列で並ばないじゃないかぁーっ!!!!(魂の叫び)

悩みました。考えました。三日三晩、よく食べよく寝て考えました。

TextExpanderを使おう

そこで思いついたのがTextExpanderを使ってタイムスタンプを押すという荒業。

参考:iPhone 上の入力を補助してくれる TextExpander touch | Lifehacking.jp

TextExpander 1.1.8App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥600
更新: 2010/11/11

FastEverはTextExpander連携を実装しています。これに目をつけたワタクシ。TextExpanderアプリにて「,,」というスニベットで「11%m%d. %H:%M:%S」「%y%m%d. %H:%M:%S」を呼び出すように設定。このへん意味分かんない人は下のリンクを参照のこと。

参考:PHP: strftime – Manual

11の部分は「2011」の11。本来でしたら「%y」で下二桁の年号が反映されるはずなのですが、何故かうまくいかないので直接11と打ち込んじゃいました。来年になったら12にすれば良い。当然昨年は10でした。(追記:110107 9:40修正。Twitterでご指摘頂いた方法で直りました。@synkuro さん、@drakontiaさんありがとうございました!!)

あとは「慣れ」

ログを残す際は「英語テンキー」→「コンマを2つ(タイムスタンプが押される)」→「数字テンキー」→「日本語テンキーに戻す」という5タップの手順を踏まなければいけなくなりました。
年月日の4桁表記が許せてさえいればワンタッチですむところなのに、こんなことしてるの世界広しと言えども僕ぐらいのもんでしょう。

でもいいんだ。もう慣れたから。「TextExpander使ってる俺カッコイイ・・・」と悦に浸ることができるし。モテないけど。

みんなもライフログ残そうぜ!!

いかがでしたでしょうか、OZPA流FastEverの使い方。TextExpanderのくだりはホント参考にしなくていいです。マネしたきゃするがいいさ。

なんにせよ、大切なのはEvernoteを積極的に使用していこうという姿勢であって、どのアプリを使うか?というのはそこまで問題ではありません。私は使用アプリを増やしたくない一心(とジオタグ残したい)でこのような使い方をしておりますが、Tap2Everを使うも良しですし、他のEvernote連携アプリを用いるも良しでしょう。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、ライフログは溜まれば溜まっていくほど面白さが加速度的に増していきます。
「昨日はこんなことしてたのかー」より「1年前の今日はこんなことしてたのかー」のほうが(・∀・)ニヤニヤできるでしょ?そうでしょ?

と、いうわけで最終的に僕が言いたいことは、Evernote使って、ライフログ残そうぜ!ってことです。
楽しいよ。Evernoteはうってつけだよ。

Evernote 3.4.1App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料
更新: 2010/12/24
SPONSORED LINK

FB Comments

About This Site

Mac,iPhone,Evernote,Web,Foodを中心に様々な情報をお届けするブログです。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
ご意見・ご感想は info[at]ozpa-h4.com もしくはコンタクトフォームまでどうぞ。
広告掲載、執筆、取材などの依頼も受け付けております。
さらに詳しく

SNS

×